初めて医療用ウィッグを購入する方向け|基礎知識と購入時のポイント

post thumbnail

初めて医療用ウィッグ(かつら)を購入するとき、どんなことに気をつけるべきでしょうか。医療用ウィッグは、一般的なファッションウィッグとは異なる製品です。購入する際は、ご自身に適した形状や毛材を選ぶとともに、長い目で見てメーカーを決めましょう。

ここでは、初めて医療用ウィッグを購入する方へ向けて、基礎知識や購入のポイントをお伝えしていきます。ぜひ参考にお読みください。

初めて医療用ウィッグを購入する方へ

初めて医療用ウィッグを購入する方へ

初めての医療用ウィッグ購入では、気になっていることや、不安なことがたくさんあるかもしれません。ここでは、ご自身に合うウィッグを安心して選ぶために、初心者の方向けの基礎知識をお伝えします。

医療用ウィッグとファッションウィッグの違い

医療用ウィッグとファッションウィッグは、用途が大きく異なります。

医療用ウィッグには、病気や治療による脱毛をカバーし、外見の変化にともなうストレスを軽減する目的があります。もちろん、ファッションウィッグのようにお好みのヘアスタイルを選んで、おしゃれを楽しむことも可能です。主に抗がん剤治療中などで脱毛にお悩みの方にお使いいただきます。一方で、ファッションウィッグは一般的なおしゃれ用としてお使いいただく商品です。

このような用途の違いがあるため、医療用ウィッグは製品の安全性が重視され、品質が高い傾向にあります。2015年4月20日よりJIS規格が制定され、一定の基準を満たしているのも特徴です。

医療用ウィッグのさまざまな種類

・形状の違い
医療用ウィッグの形状には、「オールウィッグ」「ヘアピース」「エクステ」などの種類があります。オールウィッグは頭部全体を覆うタイプで、「フルウィッグ」とも呼ばれます。ヘアピースは、前髪などのフロントやトップの髪の毛にボリュームまたは長さを足せるのが特徴です。「部分ウィッグ」や「ハーフウィッグ」とも呼ばれます。エクステは、地毛に毛束を装着することで長さやボリュームを出せるタイプです。「襟足ウィッグ」と呼ばれることもあります。

・毛材の違い
医療用ウィッグの毛材には、「人毛」「人工毛」「ミックス毛」などの種類があります。人毛は、天然素材の人毛をウィッグ用に特殊加工した毛材です。自然な光沢やツヤがあります。人工毛は、化学繊維から作る毛材のことで、「ファイバー」とも呼ばれます。ミックス毛は、人毛と人工毛を混ぜた毛材です。混合の割合はメーカーによって異なり、配分によって見た目や毛質が変わります。

ウィッグの種類について詳しく見る

初めて医療用ウィッグを購入する際のポイント

初めて医療用ウィッグを購入する際のポイント

医療用ウィッグには、購入するメーカーによる違いや、毛材による違いがあります。日常的に使い続けることを考えて、長い目で見て選びましょう。ここでは、選び方のポイントを解説します。

アフターケアが充実したメーカーを選ぶ

抗がん剤治療にともない毛量が増減すると、頭囲のサイズが変化します。医療用ウィッグを購入する際、購入後の立体的なサイズ調整に対応しているメーカーを選ぶと、常に最適な着け心地をキープできるでしょう。なかには無料でサイズ調整に対応するメーカーもあるため、注文前に確認しておくようおすすめします。

試着して確かめる

試着して確かめる

医療用ウィッグの購入前は、返品や交換をせずに済むよう、できるだけ試着を行いましょう。その際は、装着してみて着け心地に違和感がないか、ウィッグを着用した状態の印象が治療前と変わらないか、詳細にチェックしてみてください。ご自身での判断が難しいときは、店舗のスタッフに相談、またはご家族などに同伴してもらい客観的に見てもらうと安心です。

扱いやすい毛材のウィッグを選ぶ

ウィッグの毛材の種類によって、お手入れの手間やヘアアレンジの自由度が異なります。人毛100%のウィッグはアレンジの自由度が高い一方で、お手入れに少し手間がかかります。人工毛はヘアセットやお手入れがしやすい毛材です。ミックス毛は、シャンプーで洗った後もスタイルをキープしやすいといえます。ライフスタイルに合わせてお選びください。

自分に似合う髪型のウィッグを選ぶポイント

レディススヴェンソンの特徴

医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンでは、おしゃれなヘアスタイルを楽しめる、女性向けのウィッグやケア用品をご用意しています。ウィッグが必要になったときは、お気軽に店舗(サロン)へご相談ください。

豊富なラインナップから自分に合ったウィッグを選べる

豊富なラインナップから自分に合ったウィッグを選べる

レディススヴェンソンでは、ショート・ミディアム・ロングなどの幅広い髪型から選べる、豊富なカラーバリエーションのウィッグをご用意しています。セミオーダーやフルオーダーのウィッグは、美容師がお客様のご希望に合わせてカットして仕上げるのが特徴です。カバーしたい範囲に合わせて、ヘアピースやエクステもお選びいただけます。オンラインショップでは、ウィッグ用のブラシや帽子など、ケア用品も取り扱いがございます。

着け心地を重視した設計をしている

着け心地を重視した設計をしている

レディススヴェンソンのウィッグは、頭部を包み込むような深めの構造となっており、安定した着け心地です。地肌が触れるネット部分には、汗を吸収・拡散しやすい特殊素材を使用。頭頂部の分け目やつむじ、髪のボリュームなど生え際は自然な見た目です。セミロングのウィッグでも、髪を含む総重量が100gと軽量の仕様で、快適に着用していただけます。

治療計画に合わせて支払プランを選べる

レディススヴェンソンの料金体系では、「定額プラン」と「購入プラン」をお選びいただけます。定額プランは、1カ月単位でウィッグを契約し、症状が改善したら終了できるのが特徴です。初期費用として税込77,000円がかかります。購入プランでは、定価の20%割引の「医療サポート価格」でウィッグを購入していただけます。治療計画に合わせてお選びください。

サポートが充実している

レディススヴェンソンでは、サロンでウィッグの無料試着をご利用いただけるほか、ウィッグに関してお気軽にご質問いただけるオンラインカウンセリングを提供しています。ご自宅からビデオ通話アプリのZoomを使用し、リモートで簡単にお問い合わせいただく方法も可能です。また、アフターケアでは髪の量の変化に合わせて、無料でのサイズ調整に対応いたします。

初めての医療用ウィッグはレディススヴェンソンにおまかせ!

医療用ウィッグ(かつら)を初めてお使いになる方へ向けて、大切な基礎知識をお伝えしました。自然でおしゃれな見た目に仕上がる、オーダーメイドのウィッグをお探しなら、専門店のレディススヴェンソンへおまかせください。セミオーダーやフルオーダーのウィッグをご購入の際は、スタイリストがお客様にお似合いのヘアスタイルを提案し、ウィッグを卒業するまでサポートいたします。

なお、医療用ウィッグの使い方(着け方)については、以下の記事で詳しくご紹介しています。初めてウィッグをお使いになる際は、ぜひ参考にご一読ください。

医療用ウィッグの使い方(着け方)を詳しく見る

ネットのかぶり方を詳しく見る

おすすめの記事はこちら

https://ladys.svenson.co.jp/trivia/wig-checkpoint
https://ladys.svenson.co.jp/trivia/wig-price/
https://ladys.svenson.co.jp/trivia/wig-mischoice/
https://ladys.svenson.co.jp/trivia/wig-price2/