人毛、人工毛どう選ぶ?医療用ウィッグ購入時のチェックポイント4つ

医療用ウィッグの代表的な毛材として「人毛」と「人工毛」が挙げられます。このほかに、人毛と人工毛を組み合わせた「ミックス毛」という種類の毛材もあります。それぞれの特徴や、メリットとデメリットを押さえたうえで、ご自分にぴったりの医療用ウィッグをお選びください。

ここでは、医療用ウィッグの毛材の基礎知識や、購入時に確認したい4つのチェックポイントをご紹介します。毎日のおしゃれを楽しむために、医療用ウィッグ選びの参考にしてみてください。

人毛と人工毛の違い

まずは、医療用ウィッグ(かつら)の毛材である「人毛」と「人工毛」について、それぞれの特徴や違いを解説します。手触りや風合いなど毛質の違いのほか、メンテナンス方法の違いも確認しておきましょう。

人毛の特徴

人毛とは、本物の髪の毛をウィッグ用に特殊加工した毛材のことです。人工毛と比べて、見た目に自然な光沢感やツヤ感があります。また、アレンジやセットの自由度が高いのもメリットです。ただし、できるだけ劣化を抑えて長持ちさせるために、ドライヤーやヘアアイロンを繰り返し使用するのは避けておきましょう。人毛はナチュラルな印象に仕上げやすいのが魅力ですが、お手入れにはやや手間がかかります。シャンプー後や着用前にはスタイリングが必須で、退色したらカラーリングを行う必要があることに留意しましょう。

人工毛の特徴

人工毛とは、合成繊維の毛材のことです。スタイリングやお手入れが簡単にできるというメリットがあります。商品によっては、人工毛独特のツヤや静電気が気になる場合もあるようです。一方で、医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンでは、ツヤテカリを抑えたナチュラルな印象の人工毛を使用した商品をご案内できますので、どうぞご安心ください。また、人工毛は耐久性や耐熱性の面で人毛に劣るといわれます。特に、非耐熱のアクリル系やナイロン系の化学繊維は、取り扱いに注意しましょう。なお、レディススヴェンソンの製品には高品質な素材を採用しているため、人工毛の耐久性や耐熱性には人毛と大きな差がございません。

ミックス毛(人毛+人工毛)とは?

医療用ウィッグの毛材には、人毛と人工毛を組み合わせた「ミックス毛」という種類もあります。ミックス毛はナチュラルな印象に仕上げやすく、かつお手入れがしやすいのが特徴です。

医療用ウィッグのミックス毛は、人毛と人工毛を混合して作られています。人毛と人工毛という異なる毛材を組み合わせることで、両方の髪質の強みを生かしているのが特徴です。そのため、シャンプーをしてもキレイなスタイルをキープできて、お手入れがしやすいというメリットがあります。

ミックス毛の混合の割合は、商品によって異なります。医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンでは、セミオーダーウィッグの多くの商品「人毛:人工毛=4:6」という比率を採用しています。それぞれの毛材のメリットを生かし、デメリットをカバーするための配分となっています。

医療用ウィッグを選ぶ際の4つのポイント

いつも着用する医療用ウィッグは、価格以外にもチェックしたいポイントが多くあります。ここでは、医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンが、お客さまへ向けて失敗しない選び方のポイントをお伝えします。

1.自分に合う正しいサイズを選んでいるか

医療用ウィッグは、購入前に試着をして正しいサイズを選びましょう。このとき、抗がん剤治療による脱毛・発毛の影響から、頭囲のサイズが変化することも考慮します。サイズの合わないウィッグは、浮いたりずれたりして外れやすくなるほか、装着中に疲れやすくなるおそれがあります。試着をするときは、医療用ウィッグの専門的な知識を持つスタッフに相談し、自分に合うサイズを確認してもらうと安心です。

2.ウィッグを着けても治療前のイメージと変わらないか

多くの方は、ご自身の髪型に近い見た目の医療用ウィッグをお求めになります。治療前のヘアスタイルを再現できると、周囲の方からウィッグと気づかれにくくなります。自然な印象に仕上げられる医療用ウィッグを選ぶのがポイントです。

3.扱いやすい毛材が使われているか

医療用ウィッグの劣化を抑えて長持ちさせるためにも、自分にとって扱いやすい毛材が使われている商品をお選びください。毛材によってお手入れの手間や、パーマやカラーなどヘアアレンジの自由度が異なります。たとえば、忙しい方にはスタイルをキープしやすくお手入れが簡単なミックス毛がおすすめです。医療用ウィッグはいつも着用する大切なアイテムだからこそ、使い勝手にも配慮しましょう。

4.アフターケアがしっかりしているか

医療用ウィッグは、サイズを調整できるタイプを選ぶと、長く使い続けやすくなります。その理由は、抗がん剤治療にともなう毛量の増減で頭囲のサイズが変化するためです。アフターケアが充実した店舗でウィッグを購入するようおすすめします。医療用ウィッグを使用する期間の目安は、約1年半~2年間です。購入後のサイズ調整に無料で対応してもらえる店舗なら、長期間にわたり快適にウィッグをお使いいただけます。

医療用ウィッグはライフスタイルに合わせて選びましょう

ここまで、医療用ウィッグの毛材である「人毛」と「人工毛」の特徴や、選び方について解説しました。医療用ウィッグは、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。また、購入する店舗では、試着やアフターケアのサポートを受けられると安心できます。医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンは、直営サロンにスタイリストや経験豊富なスタッフが在籍し、専門家に相談が可能です。毎日のおしゃれを楽しめる素敵な医療用ウィッグを見つけるために、ご紹介したポイントをぜひ参考にしてみてください。