医療用ウィッグ(女性用)のスヴェンソン
医療用ウィッグ(女性用)のスヴェンソン
平日10:00~19:00 / 土日祝9:30~18:30

医療用ウィッグの着け方(かぶり方)

ウィッグを上手に使うにはちょっとしたコツがあります。
美しいスタイルをより美しく、長くお使いいただくためのお取り扱い方法をご紹介します。

1.脱毛前にはインナーキャップがおすすめ

脱毛前に使用される場合や発毛期に毛量が増えてきた時は、地毛をネットでまとめるとウィッグが装着しやすくなり、ずれ防止にもなります。
※脱毛中は頭皮を守り、皮脂・汗の汚れを吸着する「インナーキャップ」の着用をおすすめします。

2.着ける前の持ち方

ストッパー(ピン)を開いて、えり足部分(後方)を両手で持ちます。
※ストッパーがある方が前です。

ウィッグの着け方(かぶり方)

3.額にかけるようにのせる

ウィッグの前の部分を額にかけるようにのせて、位置を合わせ、前から後ろへ一度深めにつけます。

[インナーキャップ使用の場合]
この時にストッパーとキャップ位置を合わせて留めてください。
※前髪・もみ上げ部分を内側に折り込まないよう気を付けましょう。

ウィッグの着け方(かぶり方)

4.後方にずらすように合わせる

えり足を持ち、後方にずらすように全体の位置を合わせてください。
※インナーキャップを着用している場合は、キャップがずれてしまわないように気をつけましょう。

ウィッグの着け方(かぶり方)

5.フィット感のある位置を確認

サイズ調整を行ったウィッグは頭の形に合うようにお仕立てしてありますので、フィット感のある位置を確認してください。

ウィッグの着け方(かぶり方)

※つける位置は生え際が目安です。

6.フィット感のある位置を確認

左右のバランスが同じか確認し、耳芯(両耳の硬いワイヤー部分)を顔のラインに沿わせて、少し内側に向けフィットさせます。(もみあげ部分が外側に反らないように注意しましょう)

ウィッグの着け方(かぶり方)

※インナーキャップを着用されていない場合は位置が良ければ、このタイミングでストッパーを両手で上から閉じます。(「パチン」と音がするまで、しっかり閉じてください。)

7.フィット感のある位置を確認

最後に手ぐしか目の粗いブラシでふんわりとスタイルを整えます。

ウィッグの着け方(かぶり方)

*ご使用後*

ご使用後はブラッシングをしスタイルを整えてから、ウィッグスタンドへ。
毎日のちょっとしたお手入れでウィッグを長持ちさせることができます。

平日10:00~19:00 / 土日祝9:30~18:30
※タップするとお電話がかかります。