ウィッグの選び方|抗がん剤治療前と同じ自然な印象にするには?

抗がん剤治療を受ける方が、自分らしいヘアスタイルを実現したり、おしゃれを楽しんだりするための医療用ウィッグ。そんな医療用ウィッグを選ぶときは、どんなポイントに注目すればよいのでしょうか?

ここでは、医療用ウィッグの選び方の基本をお伝えしていきます。抗がん剤治療前のように自然な印象に仕上げるためには、高品質で自分にぴったりなウィッグを選ぶことが大切です。毛材・髪色・サイズなどの特徴のほかに、押さえておきたいチェックポイントもお伝えするため、ぜひ参考にしてみてください。

ウィッグの選び方1:毛材

ウィッグを選ぶときは、まずどんな毛材で作られているかを確認しましょう。素材により、ウィッグの風合いやお手入れのしやすさに違いがあります。理想の髪型やライフスタイルに合わせてお選びください。

人毛

人毛をウィッグ用に特殊加工した毛材は、自然な光沢やツヤがあるのが特徴です。購入したウィッグは自分でヘアアレンジができるため、その日の気分に合わせて髪をセットしておしゃれを楽しみたい方におすすめします。ヘアカラーによる色のアレンジも可能です。ただし、毛材を傷めないよう繰り返しカラーを行うのは避けておきましょう。一方で、人毛のウィッグは人工毛やミックス毛に比べて少し重たさがあります。また、お手入れの手間がかかることも考慮しておきましょう。ウィッグを洗った後や、着用前にはスタイリングが必要です。毛材が退色した場合には、毛髪を染めてケアをする必要があります。

人工毛

人工毛は合成繊維から作られています。着用前のスタイリングが簡単で、スタイルの持ちが良いため、便利にお使いいただけます。人毛と比べて軽いので、快適に着用しやすいでしょう。値段は人毛やミックス毛と比べて低価格です。ただし、熱や摩擦に弱い傾向にあるため、取り扱いにはご注意ください。

市販の人工毛の商品のなかには、光沢やツヤがやや不自然に見える毛材もあるようです。そのため、人工毛のウィッグを購入するときは、なるべく人毛に近い光沢やツヤのある商品を選ぶと良いでしょう。レディススヴェンソンの医療用ウィッグには、ツヤを抑えたナチュラルな質感の人工毛を使用しています。自然な見た目を重視する方にも安心してお使いいただけるのが特徴です。

ミックス毛(人毛+人工毛)

ミックス毛とは、人毛と人工毛をミックスした毛材のことです。混合の割合は製品ごとに異なります。一般的には、人毛が3~4割入っていると自然な印象になるといわれます。ミックス毛のウィッグは、洗ってもスタイルがキープされるため、お手入れをしやすいのが特徴です。普段お仕事をされている方をはじめ、お忙しい方にもおすすめできます。価格は人毛と人工毛の中間くらいが目安です。レディススヴェンソンでは、セミオーダーウィッグの主力商品における混合の割合を、人毛:人工毛=4:6に調整しています。人毛と人工毛それぞれの特長を最大限に生かす比率で作られた、高品質な医療用ウィッグを提供いたします。

ウィッグの選び方2:色とサイズ

ウィッグの色とサイズは、自然な印象を作り、快適に着用するために欠かせない部分です。ここでは、最適な色とサイズのウィッグを選ぶために、購入時に注意したいポイントをお伝えしていきます。

ウィッグの色は、自分の肌や瞳に合うものを選びましょう。ほかのパーツと馴染む髪色を選んだほうが、全体的に自然な印象に仕上がりやすくなります。たとえば、ピンク系の肌色の方は赤みのある髪色、オークル系の肌色の方は黄みのある髪色といった形でチョイスするのがおすすめです。自分に似合う色がわからないときは、購入前にウィッグを試着したり、第三者に見せてアドバイスをもらったりすると良いでしょう。

サイズ

一般的に既製品のウィッグのサイズは、頭囲の大きさを測定して、Sサイズ~Lサイズの中から選んで購入します。ただし、抗がん剤治療中は脱毛や発毛により毛量が変化するため、アジャスターでサイズ調整を微調整できるウィッグを選んだほうが安心です。たとえば、脱毛前の頭囲にぴったりのサイズのウィッグは、脱毛後に少しゆるくなるおそれがあります。反対に、脱毛後の頭囲にぴったりのサイズを購入すると、髪が生えてきたときウィッグが少しきつくなることも。毛量の変化を考慮したうえで、サイズをご検討ください。

レディススヴェンソンの直営サロンでは、基本的にセミオーダーウィッグを中心に取り扱っており、お客さまの頭囲に合わせてウィッグのお作りが可能です。さらに当店のアフターサービスでは、抗がん剤治療による毛量の変化に対応して、手縫いによるサイズ調整を無料で提供いたします。限定店舗やECサイトでは、アジャスターでサイズ調整が可能な既製品の取り扱いもございますので、併せてご覧ください。

ウィッグを選ぶときのチェックポイント

ウィッグを着用したとき、より自然な仕上がりを実現するために、さらにチェックしておきたいポイントをご紹介します。見た目に違和感がなく、安心して装着し続けられる医療用ウィッグをお選びください。

つむじ部分に人工皮膚を使用しているか

ウィッグのつむじ部分に、本物の皮膚のように見える「人工皮膚」が使用されていると、より自然な見た目に仕上がります。まるで頭皮から直接髪の毛が生えているかのような分け目になるのが魅力です。座っているときなど、頭を上から見られやすいシーンでも人の視線が気になりにくくなるでしょう。

出典:https://ladys.svenson.co.jp/about/

購入前のサービスやアフターケアが充実しているか

市販のウィッグの中でも、セミオーダーやフルオーダーの商品は、購入前後のサービスが充実しています。具体的にどんなサービスを利用できるのか、購入を検討しているお店のサービス内容をあらかじめ確認しておきましょう。購入前のサービスの例として、カウンセリング・ウィッグのお手入れの練習・頭の形に合わせたウィッグのカット・サイズ調整などが挙げられます。アフターケアのサービスの例は、地毛のカット・頭皮ケア・ウィッグのサイズ調整などです。ウィッグの値段だけでなく、店舗で受けられるサービスも比較してみてください。

自分らしいおしゃれを楽しめるレディススヴェンソンの医療用ウィッグ

医療用ウィッグを選ぶときに必ず確認しておきたいポイントとして「毛材」「色」「サイズ」についてお伝えしました。ウィッグを購入したお店で受けられる「サービス」も重要です。抗がん剤治療前のように自然な印象に仕上げるため、そしてウィッグを快適に身につけるために、ご紹介したポイントを参考にしてみてください。

医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンは、お客さまへのサポートが充実しています。リーズナブルな既製品から、高品質なセミオーダーウィッグやフルオーダーウィッグまで、幅広いラインナップを取り揃えています。ウィッグの毛材は独自の比率で作られたミックス毛で、毛質の良さが特徴です。人工皮膚を使用した商品もご用意しているため、ハイクオリティなウィッグをお探しの方にもおすすめします。

レディススヴェンソンの直営サロンでは、お客さま一人ひとりの希望のスタイルに合わせて、トップスタイリストがウィッグをカットいたします。毛量の変化に合わせたサイズ調整が無料で、地毛が回復するまで丁寧にサポートいたします。頭皮ケアや頭髪に関するご相談、脱毛前の地毛のカットも無料でご利用いただけるのが特徴です。医療用ウィッグをお求めの際は、お気軽にレディススヴェンソンまでお問い合わせください。