医療用ウィッグのサイズの測り方|購入後に調整できる?

医療用ウィッグ(かつら)を購入するときのサイズの測り方をご紹介します。抗がん剤治療や脱毛症では、時期によって髪の毛の量が増減し、それにともない頭囲も変化します。ウィッグを常に快適に装着するためにも、購入後にサイズを調整できる商品を選ぶと良いでしょう。

また、ご自宅で頭囲を測るのが難しいときは、専門店でサイズを確認する方法もあります。初めて医療用ウィッグを購入する方や、より快適なウィッグをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

医療用ウィッグのサイズの選び方と測定方法

自分に合った医療用ウィッグを購入するために、サイズの選び方や測定方法をお伝えします。その際は、髪の毛量の増減にも考慮して、変化に対応しやすいウィッグを選ぶことが大切です。

医療用ウィッグのサイズの選び方

医療用ウィッグは、SSもしくはSサイズ~Lサイズを用意しているショップが多いといえます。たとえばレディススヴェンソンでは、Sサイズ~Lサイズで商品展開しています。まずはご自身の頭囲(頭まわり)の大きさを測定して、適切なサイズをお選びください。なお、髪の毛量は脱毛の前後で変化します。脱毛前に購入するなら、髪が抜け始めてウィッグがゆるくなる時期のことも考慮しましょう。脱毛後に購入するなら、これから髪が生え始めるため、現段階での頭囲にぴったりのサイズを選ばないようご注意ください。

医療用ウィッグのサイズの測り方

1. 前髪の生え際と耳の付け根にメジャーを通す

まずは、テープ状で頭に巻きつけられるメジャーをご用意ください。ご自宅にメジャーがない場合には、頭に巻きつけられる紐やテープを使用し、後ほど定規を使って長さを確認する方法もあります。

2.はちまきを付けるイメージでメジャーを巻き、サイズを測定する

次に、頭の周囲にはちまきを付けるイメージで、メジャーを一周巻きましょう。このとき、首の付け根にあるへこんだ部分「ぼんのくぼ」をメジャーが通るようにします。また、サイズを測定するときは、できるだけメジャーの間に髪の毛が挟まらないようにするのがポイントです。

医療用ウィッグのサイズ調整が可能なレディススヴェンソン

医療用ウィッグは、脱毛前後の毛量の変化を考慮し、サイズ調整ができるのが理想です。ここでは、サイズ調整が可能で自然なフィット感を実現できる、レディススヴェンソンの医療用ウィッグをご紹介します。

髪の量に応じて手縫いでサイズを調整してもらえる

レディススヴェンソンの医療用ウィッグは、毛量の増減による頭囲の変化に合わせて、無料でサイズ調整に対応いたします。手縫いによる丁寧なサイズ調整だからこそ、毛量が変化しても常に快適に装着していただけるのが魅力です。そのときの毛量に合わせて、自然な見た目をキープするために、定期的なお直しをおすすめしています。ただし、一部の製品は構造の問題から、手縫いでの調整に対応できない場合がございます。医療用ウィッグをお買い上げの際は、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

アジャスター付きなら、自分で微調整できる

レディススヴェンソンの既製品ウィッグには、簡単にサイズの微調整が可能なアジャスターが付いています。脱毛の前後や発毛後には、頭のサイズが約1cm~1.5cm変化するといわれます。このようにわずかなサイズの変化が、医療用ウィッグのフィット感を左右するのです。当店の既製品ウィッグなら、サイズが気になるときもご自身で調整しながら便利にお使いいただけます。なお、既製品ウィッグの取り扱いは、ECおよび限定店舗のみとなっておりますので、ご来店前に確認していただくことをおすすめします。

医療用ウィッグのサイズが合うか不安な方には試着がおすすめ

医療用ウィッグを快適にお使いいただくためには、サイズの選び方が重要です。サイズ選びが不安なときは、ぜひ店舗での試着をご検討ください。ここではレディススヴェンソンの直営サロンのサービスをご紹介します。

医療用ウィッグは直営サロンで試着が可能

レディススヴェンソンの医療用ウィッグは、全国各地の直営サロンでご試着いただくことが可能です。直営サロンでは、プライバシーに配慮された個室の試着ルームで、ご家族やご友人と相談しながら、安心してウィッグを試着していただけます。また、店舗にはウィッグのプロであるスタイリストが在籍し、お客さまへのアドバイスを承っております。ご自身の頭囲の測り方や、サイズの選び方がわからない場合も、店舗での対応が可能です。医療用ウィッグのサイズ選びについてもお気軽にご相談ください。

試着時に確認するポイント

医療用ウィッグは、長時間にわたり装着するアイテムであるため、試着時に確認しておきたいポイントがあります。まず、着け心地に違和感がないか、きちんとフィットするかをチェックしましょう。必要に応じてインナーキャップやネットを着用します。ウィッグは重たさを感じないことが大切です。また、脱毛後や発毛後でも問題なく着けられるサイズであるかをご確認ください。ウィッグを着けたとき、ヘアスタイルのイメージが自分に合っていて、自然な見た目であると理想です。レディススヴェンソンの直営サロンでは、ご試着のお手伝いも可能ですので、スタイリストにお声がけください。

現在、レデイススヴェンソンの直営サロンでは、新型コロナウイルス感染拡大に対する予防対策を行っております。詳細に関しましては、以下のページをご覧ください。

新型コロナウイルス対策に関する対応について

医療用ウィッグはサイズ選びが大切です

医療用ウィッグを購入するときの、サイズの測り方についてご紹介しました。医療用ウィッグは、抗がん剤治療や脱毛症などによる脱毛をカバーする目的で、常に装着した状態でお過ごしいただくのが特徴です。そのため、自分の頭のサイズにぴったりで、長時間にわたり快適に装着できるウィッグを選ぶ必要があります。今回ご紹介したポイントを参考に、適切なサイズの医療用ウィッグをお選びください。

医療用ウィッグの専門店であるレディススヴェンソンは、全国各地に直営サロンを展開しています。店舗にはスタイリストが在籍し、お客さまのウィッグ選びのサポートが可能です。医療用ウィッグのサイズ選びについても、お気軽にご相談ください。店内でウィッグをご試着いただくと、プロのアドバイスを受けながらサイズをお選びいただけます。医療用ウィッグをお探しの方は、レディススヴェンソンの直営サロンをご利用ください。