医療用ウィッグ(女性用)のレディススヴェンソン 医療用ウィッグ(女性用)のレディススヴェンソン

【毛量・毛質の変化】抗がん剤治療開始~終了までの経過(化学療法)

治療開始

抗がん剤の種類や量にもよりますが投与開始からおよそ2~3週間前後で髪の毛が抜け始めます。

抗がん剤治療と脱毛ケア

2014年3月17日~4月30日/調査機関:マクロミル
対象者341名:20~69歳の女性で、過去5年以内にがん治療・脱毛の経験がある方
調査方法:インターネットリサーチ

髪が生え始める時期は、抗がん剤の種類によって異なり、個人差もあります。

約1ヶ月半くらいの間に成長期脱毛としての脱毛が90%、その後2ヶ月くらいで、休止期脱毛としての脱毛があります。

脱毛の際にご自身で抜いてしまうと、毛根が傷付いて回復が遅れ、くせが強い髪が生える原因になる可能性があります。無理に抜かないようにしてください。

頭皮の皮脂量は額の2倍以上あります。また毛髪が無い場合でも頭皮は汚れますので、シャンプーはなるべく毎日行い、清潔に保っておくことが大切です。

治療中の頭皮のマッサージや育毛剤の使用は、血行を促進することにより、お薬の影響を大きくする可能性があるので避けてください。治療終了後のマッサージは発毛に有効です。

ウィッグカタログのご請求・ご試着など
お気軽にご相談ください!

資料請求 来店予約

治療中のシャンプーについて

脱毛期間中も、頭皮の汚れを落として清潔に保つための日常的なシャンプーは大切です。

細かい泡を立てて、爪を立てずに指の腹を使って洗いましょう。

頭皮にトラブルが生じた場合は、お使いのシャンプー剤の使用を中止してください。

※石鹸の使用は、残留物が髪や頭皮に付着することもあるためおすすめできません。
※薬用シャンプーには様々な成分が含まれているため、頭皮に刺激をあたえることがあります。異常が発生した場合は使用を中止し、医師に相談してください。

治療が始まってから、シャンプー後にかゆみやふけの発生、炎症などのトラブルが生じた場合には、医師に相談しましょう。

ウィッグカタログのご請求・ご試着など
お気軽にご相談ください!

資料請求 来店予約

投薬終了後の髪質の変化

治療後の発毛時にクセ毛や白髪が生える場合があります。

がん治療による脱毛を経験された方への調査で、投薬終了後の発毛時に感じた事として、頭頂部・生え際・それ以外のどの部位でも「くせ毛が生えてきた」が最も多く、次に「白髪が生えてきた」「髪が伸びにくい」が挙げられています。

抗がん剤治療と脱毛ケア

2014年5月/調査機関:マクロミル 対象者:20~69歳の女性で、過去5年以内にがん治療・脱毛の経験がある方 調査方法:インターネットリサーチ

治療後の髪質については「細くなった」と感じる人が全体の69.8%を占める結果となりました。

髪の毛がもとの髪質に戻った期間について、頭頂部・生え際・それ以外のどの部位でも「1年程度」が最も多く「半年~1年程度」でもとの髪質に戻った人が約半数でした。