医療用ウィッグをカットして自分に似合うヘアスタイルに。美容院サービスのある専門店にお任せ

post thumbnail

医療用ウィッグを購入したいけれど「自分に似合うかな」「不自然に見えるかも」などと、不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。

医療用ウィッグは購入したままでなく、着用される方に似合わせることで、理想的なヘアスタイルを作ることができます。

この記事では、医療用ウィッグを自然で、自分に似合うものにするポイントと、似合わせに欠かせない美容院サービスのあるサロンについて紹介します。

自分に似合う医療用ウィッグにするために大切なこと

自分に似合う医療用ウィッグにするために大切なこと

まず、医療用ウィッグを自分に似合わせるために、大切なポイントを解説します。

カウンセリングや試着をしてからウィッグを購入する

医療用ウィッグを購入する際には、医療用ウィッグの取り扱いに慣れた店舗で、事前カウンセリングを受けることが重要です。

初めての医療用ウィッグの場合、自分にどのようなウィッグが似合うのか、どうやって選べば良いのか、よくわからない方も少なくありません。着用して不自然に見えないか、購入後も自分ひとりで着けることができるか、といった不安や疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

似合う医療用ウィッグを見つけるには、医療用ウィッグの取り扱いが多く、実績のある店舗に相談することが大切です。そういった店舗には、抗がん剤治療などによる脱毛に詳しいスタッフが在籍するため、ウィッグに関する希望を聞くだけでなく、脱毛から発毛までの流れや治療スケジュールに応じたウィッグの調整なども対応してもらえます。

そして、カウンセリングの際に試着することも重要です。ウィッグは、ウィッグ単体で見たときと、実際に着用したときの印象が異なります。ウィッグの髪の長さや色、質感などはさまざまな種類があるので、事前に試着して自分に似合うものを見つけてください。

元のヘアスタイルに近いものを探す方が多いので、脱毛前にカウンセリングを受けるのがおすすめです。

医療用ウィッグを購入する際の基礎知識は、ぜひ以下の記事を参考にしてください。

初めて医療用ウィッグを購入する方向け|基礎知識と購入時のポイント

医療用ウィッグを購入した店舗でカットする

医療用ウィッグを、より自然に自分に似合うヘアスタイルにするには、ウィッグのカットが欠かせません。

ウィッグを購入した店舗では、顔の形や雰囲気に合ったヘアスタイルになるよう、美容師資格を持つスタイリストが、ウィッグのカットを行っている場合があります。

実はウィッグのカットは、美容師資格がなくても可能です。しかし、資格を持つスタイリストがカット対応してくれるサロンなら、地毛もウィッグも知り尽くしたプロに任せられ、安心感があります。

医療用ウィッグにも、毛髪の材質や毛量などさまざまな特徴があるため、専門のスタイリストがいるサロンで、より自然で似合うヘアスタイルにしてもらいましょう。

一般的な美容院で医療用ウィッグのカットをおすすめしない理由

一般的な美容院で医療用ウィッグのカットをおすすめしない理由

医療用ウィッグをカットして自分に似合わせる場合、行きつけの美容院など、一般的な美容院でやってもらおうと考える方もいるかもしれません。

しかし、医療用ウィッグを一般の美容院でカットすることには、以下のようなデメリットがあります。

失敗の修正ができない

カットに失敗してもすぐに伸びる地毛とは違い、ウィッグは一度カットすると、当然ですが伸びることはありません。カットに失敗すると取り返しのつかない事態になるため、特に高価な医療用ウィッグでは注意が必要です。

ウィッグの取り扱いに慣れていない美容師の場合、ウィッグの特性に合ったカットができず、理想の仕上がりにならないおそれがあります。切りすぎて根元のネットが見えてしまうなど、修復できない失敗をしてしまうリスクも考えられるでしょう。

返品や保証サービスを受けられなくなる可能性がある

医療用ウィッグを購入した店舗以外でカットすると、返品や保証などのサービスが受けられなくなる可能性があります。

ほんの少しの調整でも対象外になるおそれがあるため、ウィッグの購入店へ相談する前に、一般的な美容院でカットしてもらうことは避けましょう。

自然で似合う医療用ウィッグは美容院サービスのあるレディススヴェンソンにお任せ

自然で似合う医療用ウィッグは美容院サービスのあるレディススヴェンソンにお任せ

自然で似合う医療用ウィッグをお探しなら、ウィッグのカットなど美容院サービスを行っているレディススヴェンソンにお任せください。

ここからは、レディススヴェンソンの特長について紹介します。

色々なヘアスタイルの医療用ウィッグを試着できる

レディススヴェンソンでは、豊富な種類の医療用ウィッグを試着して選べます。ほとんどの店舗に個室があるので、ゆっくりと試着して好みのウィッグを探せるでしょう。ご家族やご友人との来店も可能です。

ウィッグの髪型はショート・ミディアム・ロングなど幅広く対応しているほか、毛材のカラーバリエーションも多数あります。そのため、より希望のスタイルに沿うことができます。さまざまな種類のウィッグを試着して、納得したものを購入できます。

試着には、ウィッグの着け心地や、着けた際の顔の雰囲気を確認する意味もあります。違和感がある場合は、遠慮なく店舗のスタッフに相談してください。

プロのカットにより理想のヘアスタイルを叶えられる

レディススヴェンソンには、ウィッグ工房と美容室機能を備えた個室があります。そのため、プライバシーを保ちながら、美容師資格を持つスタイリストにカットしてもらうことが可能です。

どのようなヘアスタイルにしたいのか、カット前に担当スタイリストがヒアリングを行い、要望のポイントや好みなどをしっかりと確認します。お好きなヘアスタイルはもちろん、元の髪型に近いスタイルも再現します。こだわっている部分を押さえつつ、プロのアドバイスも入れながら、より理想のヘアスタイルに近づけるのがレディススヴェンソンの特長です。

カットの際には、あいまいな表現は使わず、「○cmカットします」などと具体的に伝えて、認識のずれが出ないよう工夫しています。最終的には、ご希望のヘアスタイルを再現できるように、ウィッグを着けた状態で毛先や前髪などを細かく整えるのがポイントです。

毛量の変化に合わせたサイズ調整が無料でできる

医療用ウィッグは、抗がん剤治療などで脱毛症状の見られる方が多く利用されるものです。抗がん剤治療を始めて脱毛が見られると、再び発毛して十分な長さになるまで約1年半~2年かかり、多くの方はこの期間に医療用ウィッグを着用します。

この間、毛量は大きく変化し続けます。脱毛が始まると頭まわりのサイズは小さくなり、発毛とともに毛量が増えてサイズが大きくなるため、ウィッグのフィット感も変わってしまうのです。

そのため、レディススヴェンソンでは、毛量の変化に合わせてサイズ調整を無料で行っています。手縫いによって細かな調整ができ、1台のウィッグを長く利用できるため、スペアのウィッグを用意する必要がありません。

地毛のカットにも対応できる

地毛のカットにも対応できる

レディススヴェンソンでは、脱毛前後や発毛後など、治療段階に応じた地毛のカットも対応できます。店舗に併設された美容院機能を持つ個室でカットするため、治療中で一般の美容院に行きづらい方も利用しやすいでしょう。

たとえば、ロングヘアの方は脱毛前にある程度の長さで切りそろえておくと、髪が絡まるのを防げます。シャンプーやドライヤーの負担を軽減できるほか、脱毛の毛量が減るので、ストレスや抜けた髪の掃除負担を軽減できるでしょう。ただし、脱毛前に短く切りすぎると、抜け落ちた髪が服についてチクチクしやすくなります。

脱毛後(発毛時)は、髪の生え方が部位によって差ができるので、地毛をカットして整える必要があります。

美容院サービスのある医療用ウィッグサロンで自分に似合うヘアスタイルに

自分に似合ったヘアスタイルの医療用ウィッグを購入するには、医療用ウィッグの取り扱い実績のある店舗で十分なカウンセリングを受け、試着することがポイントです。

店舗に併設されている医療用ウィッグサロンでカットすれば、ウィッグをより自然に、理想のヘアスタイルに近づけることができます。

自分に似合う医療用ウィッグをお求めの方は、ぜひレディススヴェンソンにご相談ください。理想のヘアアスタイルを再現し、治療開始からウィッグ卒業までを丁寧にサポートいたします。

来店予約やオンラインカウンセリング予約希望の方はこちら

Webカタログの申し込み(無料)希望の方はこちら