ウィッグのトリートメントの仕方|サラサラの状態をキープするには?

post thumbnail

髪の毛のケアと同じように、医療用ウィッグの傷みや乾燥、絡みなどが気になったら、トリートメントを行います。毛材のダメージが目立ってきたときや、着用時に不快な感じがするときは、ご自宅でお手入れをしてみましょう。ここでは、ウィッグのトリートメントの仕方をご紹介します。

また、セルフケアでの対処が難しいなら、ウィッグ専門のサロンで集中トリートメントのメニューを受けるのも一つの手です。お困りの際は、専門家のスタイリストに相談してみましょう。

ウィッグを長持ちさせるために必要なお手入れ

ウィッグのトリートメントをする前に、まずは自宅でのお手入れの基本を確認してみましょう。
医療用ウィッグの状態を良好に保ち、できるだけ長持ちさせるには、毎日のケアや定期的なケアを行いましょう。
また、必要に応じて+αのケアを行うのもおすすめです。

毎日のケア

医療用ウィッグの使用後は、専用の消臭スプレーを使って簡単なお手入れを行い、汗のニオイをケアしましょう。ウィッグを専用のスタンドにかけて、水が入った霧吹きなどで軽くスプレーし、毛先の絡みを解くように目の粗いブラシでとかします。その後はスタンドにかけたままの状態で、直射日光の当たらない場所で、水分を飛ばして乾燥させましょう。

定期的に行うケア

医療用ウィッグの状態を保つには、定期的に洗浄して汚れをきれいに落とす必要があります。その際は、ウィッグ専用のシャンプーとコンディショナーを使用して、毛材をやさしく洗ってケアしてください。ただし、ウィッグを着用するたびに洗っていただく必要はありません。常時使用している方の場合でも、洗うタイミングは7~10日に一度くらいが目安です。

+αで行うと良いケア

上記でご紹介したほかに、医療用ウィッグにスペシャルケアを行うのもおすすめです。たとえば、空気が乾燥しやすい時期には、ウィッグに静電気を抑制するスプレーをかけると、快適にお使いいただけます。毛材の傷みが気になるときは、専門店で集中トリートメントのメニューを受ける方法もあります。シーンに合わせて+αで行うケアをお試しください。

ウィッグのトリートメントの仕方

医療用ウィッグのトリートメントをする手順をお伝えします。お手入れには、市販のウィッグ専用のケア用品を用意しておくと安心です。また、ウィッグ専門のサロンで集中トリートメントのメニュートリートメントの施術を受ける方法もあります。セルフケアと併せてサロンのメニューを活用しましょう。

ウィッグ専用のケア用品を使用する

医療用ウィッグのトリートメントは、髪の毛のお手入れと同じように、シャンプーをした後に行います。トリートメントを溶かした水を洗面器などに入れ、ウィッグを浸して軽くブラシでとかした後、水を替えてしっかりと溜めすすぎします。

また、市販のケア用品のなかには、地毛とウィッグのどちらにも使える、洗い流さないタイプのトリートメントもあります。毛材に自然なツヤを与え、毛が絡んだりゴワついたりするのを防げるのがポイントです。毎日のケアに取り入れてはいかがでしょうか。

サロンでトリートメントをしてもらう

日々のケアを継続してもウィッグのツヤが失われてきたら、医療用ウィッグ専門のサロンで集中トリートメントを受けると良いでしょう。プロのスタイリストが手掛けるケアメニューで、ウィッグの毛材を自然な印象に仕上げます。レディススヴェンソンの直営サロンでは、ウィッグのトリートメントメニューを提供しております。特別なお手入れが必要なときは、どうぞお気軽にご相談ください。

おすすめのウィッグ用トリートメント

最後に、ウィッグ用トリートメントをお探しの方に、おすすめの商品をご紹介します。レディススヴェンソンが展開するオンラインストアでは、専用のケア用品を注文・ご購入いただけます。気になるアイテムがある方は、リンク先をご覧ください。

フラウシルキースムースエッセンスN

「フラウシルキースムースエッセンスN」は、洗い流さないタイプのトリートメントです。地毛と医療用ウィッグのどちらにもお使いいただけます。サトウキビ由来のスクワランが配合され、ウィッグの毛材が傷みにくいようコーティング。毛先がガサついたりゴワついたりするのを防ぎ、なめらかでクシ通りの良い仕上がりへと導きます。毛材の傷みだけでなく、乾燥が気になるときにもおすすめです。

使い方は、ウィッグの気になる部分にフラウシルキースムースエッセンスを1プッシュつけて、やさしくブラッシングしましょう。さらには、いつものシャンプーやコンディショナーにプラスしてもお使いいただけます。その際は、シャンプー液またはコンディショナーにフラウシルキースムースエッセンスを混ぜ、通常通りしっかりと洗い流してください。

フラウシルキースムースエッセンスN 価格:2,200円(税込)

フラウウォーターベースローション

「フラウウォーターベースローション」は、ウィッグをセットする前のベースケアにぴったりな、洗い流さないタイプのトリートメントです。地毛と医療用ウィッグのどちらにもお使いいただけます。アミノ酸保湿成分が配合され、髪の毛や毛材へ潤いを与えます。お出かけ前のスタイリングや、寝ぐせ直しなどのシーンにおすすめです。

使い方は、ウィッグの毛先にトリートメントをスプレーして、やさしくブラッシングしましょう。また、ウィッグのシャンプー後にお使いいただくのもおすすめです。毛材を洗った後に使うと、なめらかな質感に仕上がります。

フラウウォーターベースローション 価格:1,210円(税込)

大切な医療用ウィッグはトリートメントでケアしましょう

ここまで、医療用ウィッグのトリートメントの仕方についてお伝えしました。ウィッグのお手入れでは、毎日のケアと定期的に行うケア、+αで行うと良いケアもございます。毛材の傷みや乾燥、絡みなどが気になったら、ウィッグ専用のケア用品でトリートメントをしましょう。なお、今回の記事で触れたウィッグのシャンプーや保管方法については、以下の関連記事で詳しく解説しています。詳細を知りたい方は、併せてお読みください。

お客さまからのご感想

  • イメージチェンジ

    40代 F.Aさま
    女性の目が多い職場ですが、"イメージチェンジ"したと言っており、 かつらだと分からないようです。 男性(年輩の)からカワイイと複数言われました。 がん宣告と抗がん剤に対する不安が募り、心細かった事が スタッフの方とお話ししてウィッグを身につけて 考えていたことよりずっと簡単なことだとわかりました。 病院ではこんなにお話しできないことを スヴェンソンスタッフの方とでき、嬉しく思っております。
  • 色も気に入り、スタイルも良く自然

    ウィッグをしていない頃は白髪もまじりパサパサで髪もまとまらなく、外出する時は気になっていました。 使い始めてからは、色も気に入り、スタイルも良く自然なので気持ちがウキウキして楽しくなります。

サロンについて

安心してご相談やウィッグを試着いただけるよう、プライバシーに配慮した個室空間を完備してお待ちしております。

よくあるご質問

治療のスケジュールが決まっていないので、ウィッグを見るだけでもいいですか?

ウィッグを見るだけでも(ご試着だけでも)もちろん大丈夫です。お気軽にご相談ください。

髪があるうちに試着してもサイズが変わるから、抜けてからお店に行ったほうが良いですか?

脱毛が始まる前に ご来店なさることをお勧めいたします。 なぜなら、今のヘアスタイルとウィッグのスタイルを比較しやすいのと、お気持ちに余裕を持ってお選びいただけるからです。 スヴェンソンのウィッグは髪の毛のボリュームの変化に合わせて、その都度、その場でサイズ調整が出来ますので、のちに頭まわりのサイズが小さく変化しても大丈夫です。また、ご地毛が生え始めると頭のまわりのサイズも大きくなりますが、大きくサイズを戻すことも出来ますのでご安心ください。(スヴェンソンのサービスのひとつです。)

ウィッグはいつ頃まで使うの?

抗がん剤治療終了後、個人差はございますが、約1~2ヵ月後から地毛が生え始める方が多く、1ヵ月約1cm位のペースで髪が伸びます。しかし、髪が成長する早さや伸び方のバランスは人それぞれです。生える部分にも差があり、均等に生え揃うわけではありません。ウィッグを使用する期間は、治療されている間だけではなく、実際は地毛でヘアスタイルが作れる長さに生え揃うまでの間必要ですので、個人差はありますが1年半~2年ほどウィッグをお使いになる方が多いです。