ヘアアイロンを使える医療用ウィッグの特徴と、使用時のポイント

医療用ウィッグを装着しているときも、ヘアスタイルにアレンジを加えておしゃれな見た目を楽しみたいもの。しかし、地毛と同じようにヘアアイロン(ストレートアイロン)を使用したカールのアレンジはできるのでしょうか? 医療用ウィッグの毛材は熱に弱いため、ダメージを与えないようご注意ください。

ここでは、ヘアアイロンを使える医療用ウィッグの毛材や、お手入れや巻き方のポイントをお伝えします。医療用ウィッグでのおしゃれを楽しむために、ご紹介する内容をぜひ参考にしてみてください。

ヘアアイロンを使える医療用ウィッグの毛材

高温で髪の毛のスタイルを整えるヘアアイロンは、基本的に医療用ウィッグへの使用をおすすめできません。それぞれの毛材の特徴に合わせて、繊維を傷めないよう注意してお使いください。

人毛

ウィッグ用に特殊加工した人毛は、ヘアアイロンの使用が可能です。また、カーラーによるアレンジもしていただけます。ただし、たとえ人毛の医療用ウィッグであっても、ヘアアイロンを使用する頻度が高いと傷みやすいため注意が必要です。長持ちさせたい場合、ヘアアイロンやドライヤーなどを使用した高温でのヘアアレンジはできるだけ控えておきましょう。

耐熱ファイバーを使用している人工毛

化学繊維である人工毛の医療用ウィッグには、基本的にヘアアイロンをお使いいただけません。耐熱でない人工毛は熱や摩擦に弱いためお気をつけください。一方で、毛材が人工毛またはミックス毛であっても、耐熱ファイバーを使用した毛材であれば、ヘアアイロンによるアレンジが可能です。

なお、医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンでは、ヘアアイロンの使用をおすすめしていません。医療用ウィッグの素材について不明なことは、販売元に問い合わせてご確認いただいたほうが安心です。

医療用ウィッグにヘアアイロンを使うときのポイント

医療用ウィッグにヘアアイロンを使用する場合、どのようなポイントに気をつけると良いのでしょうか。ここでは、毛材の傷みをできるだけ避けるために、ヘアアイロンの温度設定やアレンジのコツについてお伝えします。

使用前

ヘアアイロンは、人毛の医療用ウィッグにのみお使いください。まずは、ブラシや手のひらでウィッグをやさしくブラッシングを行い、前髪や毛先を整えてスタイリングの準備をします。アレンジするときに余計なハネやクセをつけないために、絡んでいる毛をほどき、簡単に毛の流れを整えましょう。

使用中

ヘアアイロンの温度設定は100度が目安です。傷みを避けるために、なるべく低めの温度でお使いください。たとえば、毛材の耐熱温度が180度である場合にも、100度に設定していただいたほうが無難です。

コテを当てるときは、毛束の量を少なめにします。一度に当てる毛量が多いと、熱が均一に伝わりづらくなるためお気をつけください。このとき、同じ箇所にヘアアイロンを当て続けるのは避けておきましょう。また、医療用ウィッグは地毛のアレンジとは異なり、霧吹きで水分を与えなくてもスタイリングができます。逆に水分を与えてしまうと毛材が高温になりすぎてしまうため、ヘアアイロンは水分を与えずにお使いください。

ヘアアイロンを使えない医療用ウィッグの対処法

ヘアアイロンを使えない医療用ウィッグをアレンジする方法や、傷んでしまった医療用ウィッグをサラサラに戻す対処法をお伝えします。お困りの際はレディススヴェンソンのサロンをご利用ください。

カーラーを使う

ヘアアイロンを使えない医療用ウィッグは、カーラーを使用してクセを付けることができます。ウィッグを使用する前の晩に、毛材を少しだけ濡らしてカーラーを巻き、一晩乾かしましょう。毛が絡まないようにカーラーを外したら完成です。なお、ホットカーラー(加熱するタイプのカーラー)は、人毛以外のウィッグへの使用を推奨しません。高温によるダメージを避けるため、熱を与えないカーラーのみお使いください。

サロンに行く

医療用ウィッグの専門店であるレディススヴェンソンでは、全国各地に展開するサロンでウィッグのスタイリングやセットを承ります。ウィッグのツヤ感や自然なボリュームが失われたときは、シャンプー・トリートメント・スタイリングセットなどの便利なメニューを活用するのもひとつの手です。

また、レディススヴェンソンのサロンには、縮れた毛材を伸ばして整える「ピリング直し」のメニューもございます。お使いいただいている医療用ウィッグのパサつきやスタイルの崩れが気になるときは、スタッフまでお気軽にお問い合わせください。お客さまの医療用ウィッグをケアするメニューをご提案いたします。

全国のサロン一覧

医療用ウィッグにアイロンを使うときは慎重に判断しましょう

今回は、医療用ウィッグにアイロンを使用するときのポイントをお伝えしました。ウィッグの毛材は熱によるダメージで傷みやすいため、素材にかかわらずヘアアイロンの使用はおすすめできません。人毛の医療用ウィッグにヘアアイロンをお使いになる場合は、低めの温度設定でお試しください。

医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンでは、お客さまのウィッグのスタイリングやセットを承ります。ご自分でアレンジするのが難しい場合には、どうぞお気軽にスタッフまでご相談ください。お客さまの大切な医療用ウィッグをキレイな状態で長くお使いいただくために、専門家がサポートいたします。