不自然に見えないウィッグの着け方と知っておきたい選び方のポイント

「自分でウィッグを装着すると、不自然な印象になってしまう……」と感じることがないでしょうか? ご自身の着用方法だけでなく、ウィッグそのものにも違和感の原因があるかもしれません。具体的にどこに原因があるかわからないときは、こちらでご紹介するポイントをチェックしてみましょう。

ここでは、ウィッグが不自然に見える主な原因や、不自然に見えにくいウィッグの選び方と着け方をお伝えします。医療用ウィッグをお使いになる方は、ぜひ参考にご一読ください。

ウィッグが不自然に見えるのはなぜ?

ウィッグを着用したとき、見た目が不自然になってしまうお悩みがないでしょうか。ここでは、ウィッグが不自然に見える主な原因をご紹介します。一度、お手持ちのウィッグを見直してみましょう。

毛材

ウィッグの毛材が人工毛である場合、テカテカとした不自然なテカリが、見た目の違和感につながることがあります。また、ウィッグのケアが行き届いていないと、手触りがざらざらしてくることも。ウィッグには髪の毛のように自然なツヤがあり、適切なお手入れにより毛先の傷みが抑えられた状態であると理想です。

毛量

ウィッグの毛量が多すぎると、全体的に不自然な印象を与えやすいといえます。頭が大きく見えてしまったり、頭部のシルエットに違和感が生じたりしているかもしれません。この場合、自分の頭の大きさや顔のバランスなどに合わせて、ウィッグのボリュームを調整する必要があります。

つむじと分け目

ウィッグのつむじや分け目の位置がおかしいと、不自然に見えやすくなります。また、つむじや分け目の毛量が多すぎるのも、違和感をおぼえやすいポイントです。ウィッグの素材によっては、つむじ部分の頭皮が不自然に見えるケースもあります。本物の頭皮のように見える、人工皮膚を使用した商品を検討しましょう。

もみあげ

ウィッグのもみあげの部分が浅いと、まるで耳の上辺りからしか毛が生えていないような状態に見えるため、違和感を与えやすくなります。また、もみあげが顔の輪郭から浮いているのも、不自然な印象につながります。顔周辺のほんの小さな違和感が、全体の仕上がりに影響を与えることもあるのです。

サイズ

そもそもウィッグのサイズが合っていないのが理由で、不自然な見え方になる場合があります。ウィッグのサイズが不適切だと、着用したときに不快感が生じるだけでなく、見た目への影響も好ましくありません。購入するときは必ずサイズを確認し、大きすぎたり小さすぎたりしないものを選びましょう。

不自然に見えないウィッグの選び方と着けるときのポイント

自然な見た目のウィッグを選び、さらには着用するときのコツを掴めば、より良い印象に仕上げられます。ここでは、不自然に見えないウィッグの選び方と、適切な装着方法をお伝えしていきます。

不自然に見えないウィッグの選び方

ウィッグは、使用されている素材により印象が変わります。より自然に見せたいなら、毛材は「人毛」または「ミックス毛」がおすすめです。ミックス毛とは、人毛と人工毛が混合された毛材のこと。それぞれの毛材によりメリットとデメリットが異なるため、ご自身のライフスタイルを考慮したうえでお選びください。また、ウィッグのつむじ部分の素材には、見た目が本物の頭皮に近い「人工皮膚」をおすすめします。

さらには、自分に似合うウィッグを選ぶことも大切です。ウィッグの髪色は、自分の肌や瞳の色と合わせて選びます。もみあげ部分は深く、顔の輪郭に沿って自然とカールしていると良いでしょう。ウィッグを快適に着用するためにも、そして不自然に見せないためにも、最適なサイズをお選びください。

ファッション用ではなく、がん治療中にウィッグの装着を検討している方には、医療用ウィッグがおすすめです。医療用ウィッグは、抗がん剤治療を受ける方や脱毛症の方などが毎日着用するために、肌に優しい素材が使用されています。治療中は脱毛や発毛で地毛の状態が変化するため、サイズ調整ができるウィッグを選ぶと良いでしょう。ご自身の用途に合わせてウィッグをお探しください。

ウィッグを着けるときのポイント

ウィッグを着けるときは、まずインナーキャップを被って地毛をまとめます。インナーキャップにはウィッグがずれるのを防止する役割もあるため、あらかじめ用意しておきましょう。ウィッグを手に取ったら、生え際の位置を合わせて、前から被っていきます。その後、襟足のほうを持って、後方へずらすようにして全体の位置を合わせてください。このとき、つむじの位置がずれないようにするのがコツです。最後に、つむじ部分の毛をふわっとさせて仕上げると、自然なヘアスタイルに見えやすくなります。

着け心地が自然なレディススヴェンソンの医療用ウィッグ

レディススヴェンソンの医療用ウィッグは、高品質で自然な見た目に仕上がるのが魅力です。ウィッグが不自然に見えるためお悩みの方は、ぜひレディススヴェンソンの商品をお試しください。

レディススヴェンソンのウィッグの特徴

医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンでは、セミオーダーウィッグからフルオーダーウィッグまで、豊富なラインナップをご用意しております。セミオーダーウィッグは、美容師によるカットとスタイリングで、元の髪型に可能な限り近づけられるのが特徴です。ロングヘア・ミディアムヘア・ショートヘアなど幅広いヘアスタイルをお選びいただけるほか、ヘアピースなど部分ウィッグのバリエーションも豊富です。

ウィッグの優れたポイント

レディススヴェンソンの医療用ウィッグは、浮いたりずれたりする心配がない安定構造で設計されています。人毛と人工毛を組み合わせて作られた、毛質の良さも魅力です。頭頂部には人工皮膚を使用しているため、つむじや分け目が自然に見えます。仕上げには、お客さま一人ひとりの希望のヘアスタイルに合わせて、トップスタイリストがカットを実施。高品質で自然な見た目を叶えられる医療用ウィッグです。

サポート内容

レディススヴェンソンは、お買い上げいただいたお客さまへのサポートも充実しています。購入したウィッグは、毛量の変化に合わせて無料でサイズ調整をいたします。頭皮ケアや頭髪の相談にも無料で対応可能です。脱毛前には地毛のカットを無料でご利用いただけます。お客さまの治療の予定が決まってから、医療用ウィッグを卒業するまで、丁寧なサポートを提供できるのがレディススヴェンソンの強みです。

ウィッグが不自然に見えるお悩みもご相談ください

ウィッグが不自然に見える原因や、不自然に見せないための選び方や着け方をご紹介しました。一見すると大きな問題がないように見えるウィッグでも、どこかにほんの小さな違和感があるだけで、全体の仕上がりに影響を与えることがあります。レディススヴェンソンでは、医療用ウィッグに関する幅広いご相談を承っております。ウィッグが不自然に見えてお悩みの方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。