医療用ウィッグは保険の適用や医療費控除の対象になる?

一般的に、抗がん剤治療の治療費は高額な傾向にあります。そんな状況で医療用ウィッグ(かつら)を購入すると、費用負担が大きくなってしまうことも。できるだけ負担を抑えるために、利用できる制度を確認しておきましょう。ここでは、医療用ウィッグの購入時に受けられるサポートをご紹介します。

医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンでは、フルオーダーまたはセミオーダーのウィッグの購入時に「医療サポート価格」をご用意しています。治療を予定している患者さんは、ぜひご検討ください。

医療用ウィッグは保険の適用や医療費控除の対象になる?

医療用ウィッグは、公的医療保険や医療費控除の対象ではありません。ただし、一部の民間の保険商品では、ウィッグの購入で一定の金額が還付される可能性があります。自分が加入しているサービスで保険適用となるか確認しておきましょう。

公的医療保険

医療保険とは、医療機関で支払う医療費のうち一部、または全部を負担する保険のことです。日本の国民は、何らかの公的医療保険に加入しています。その一例として、会社と雇用関係にある従業員が加入する「健康保険」などが挙げられます。公的医療保険の被保険者は、病気やけがをしたときに医療費の給付を受けられ、原則として一部を自己負担するのが特徴です。

ところが、医療用ウィッグの購入費用には公的医療保険が適用されません。医療保険の対象になるのは、医薬品の「薬価基準」に掲載されているもののみです。薬価基準とは、厚生労働大臣が保険医療で使える医薬品を定めたもので、治療目的以外の医療行為は全額が自己負担となります。たとえば、予防注射や健康診断などの予防目的、美容医療などの美容目的は医療保険の対象外です。

一方で、民間の保険会社が提供するがん保険などの中には、医療用ウィッグの購入時に一定の金額が受け取れる保険商品もあります。抗がん剤治療では、抗がん剤による違いや個人差もありますが、副作用で脱毛が起こることも。外見の変化に備えて、こういった保険の特約を利用するのもひとつの手です。医療用ウィッグの保障について詳しくは、契約している保険会社でご確認いただくようおすすめします。

医療費控除

医療費控除とは、医療費の支払いが一定額を超える場合に受けられる、所得控除のことです。医療費控除の対象となる医療費は「医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの」と定められています。こちらの条件にも医療用ウィッグは含まれていません。公的医療保険の考え方と同様に、医療費控除の対象となるのは治療目的の医療行為であり、予防目的や美容目的などほかの医療行為は控除の対象とならないのです。

【出典】国税庁「No.1122 医療費控除の対象となる医療費」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1122.htm

地方自治体に広がる、医療用ウィッグの購入費用を助成する動き

現状の公的医療保険や医療費控除の制度では、残念ながら医療用ウィッグの購入費用は対象外となっています(2021年2月現在)。しかし、抗がん剤治療を受ける方や脱毛症でお悩みの方にとって、ウィッグは日常生活を送るうえで欠かせない大切なものです。このような状況への理解が進み、一部の地方自治体では医療用ウィッグの購入費用を助成する動きが広がりつつあります。

たとえば、東京都では福生市・港区・千代田区・豊島区・文京区が医療用ウィッグの購入費用を一部助成する制度を開始しています。ウィッグのほかにも、乳がん治療で乳房を切除した方の補正具などが助成の対象です。頭髪に限らず、多くの方が治療にともなう外見の変化に悩んでいます。こういった背景が広く認知されれば、より多くの自治体で助成金や補助金が導入されていくでしょう。お住まいの地方自治体に利用可能なウィッグの助成制度がないか調べて、必要に応じて申請することをおすすめします。

医療サポート価格で購入できるレディススヴェンソン

医療用ウィッグの専門店レディススヴェンソンでは、フルオーダーまたはセミオーダーのウィッグを安心の医療サポート価格でご購入いただけます。ここでは、レディススヴェンソンの料金プランをご紹介します。

レディススヴェンソンの「医療サポート価格」とは?

レディススヴェンソンでは、化学療法などのがん治療を受ける方へ向けた「医療サポート価格」のサービスをご用意しています。医療サポート価格は、フルオーダーウィッグまたはセミオーダーウィッグの商品を、定価の20%割引で購入していただけるのが特徴です。がん治療にともなう高額な治療費の負担を少しでも軽減するため、ぜひレディススヴェンソンまでご相談ください。

また、レディススヴェンソンの直営サロンでは、料金の割引以外にも帽子含めケア用品の販売、 頭皮ケア、地毛ケアなどのさまざまなサポートを提供いたします。店内では、専門知識を持つ美容師スタッフによるカウンセリングや、無料でウィッグのサイズ調整が可能です。初めて医療用ウィッグをご利用になるお客さまにも、安心していただけるサービスが充実しています。医療サポート価格については、どうぞお気軽にスタッフまでご相談ください。

月単位で契約可能な「月額定額プラン」

レディススヴェンソンには、高品質なウィッグを1カ月単位で利用できる「月額定額プラン」もございます。プランの料金は月額13,200円(税込)です。サブスクリプションでは、ウィッグの使用で発生する料金が明確に分かりやすく、計画的に利用できるのが大きなメリットといえます。契約期間内は修理や交換に無料で対応できるため、劣化により新しいウィッグに買い換える心配がありません。また、治療が終わり、髪の毛が伸びてウィッグが必要なくなれば、プランを終了できます。

月額定額プランを選んでも、医療サポート価格で購入するケースと同じように、直営サロンでさまざまなサポートを受けられます。レディススヴェンソンの料金体系について詳しくは、以下のページをご覧ください。

料金体系について詳しく見る

保険以外にも医療用ウィッグの費用負担を抑える方法がある

ここまでお伝えしたように、医療用ウィッグの購入は公的医療保険や医療費控除の対象となりません。一方で、一部の民間の保険商品では一定の金額が還付されることがあります。また、地方自治体によっては、がん治療を受ける方へ向けた助成金や補助金が用意されています。ご自身が利用できる制度やサービスがないかご確認ください。レディススヴェンソンでも、「医療サポート価格」などの割引をご用意しています。ウィッグ購入の費用負担を抑えるために、ご紹介した情報を参考にしてみてください。