医療用ウィッグ(女性用)のレディススヴェンソン
医療用ウィッグ(女性用)のレディススヴェンソン
平日10:00~19:00 / 土日祝9:30~18:30
来店予約、資料請求、その他お気軽にご相談くださいませ。

夏のウィッグ、みんなどうしてる?

毎日暑いです…。
汗も、蒸れも、臭いも。
スヴェンソンよりこの暑い夏を乗り切るための方法、ご紹介します。

いつものアイテムを工夫して暑さ対策

いつもお使いのアイテムにひと工夫。
汗が付着したままウィッグを着けっぱなしにしているとつらいですね。
ポイントは「着換える」「冷やす」です。

① ガーゼキャップの予備を持ち歩こう

ガーゼキャップ

頭皮の汗や皮脂を吸収するガーゼキャップ

ウィッグの下に着けて汗や皮脂を吸い取るガーゼキャップ(痛いときは縫い目を外側にひっくり返して使ってくださいね。)。夏場は1日中同じガーゼキャップを使い続けるのではなく、2~3枚の予備を持ち歩き、汗をかいたら取り換えるようにしましょう。暑いときに下着を着換える感覚と同じです。その後は、冷たい冷えたタオルを首にあててクールダウン。濡れタオルでもOKです。

ガーゼキャップのお求めは、スヴェンソンの各サロン、または公式通販サイト「プレスタ」から

② 冷やしたリフレッシュシートですっきり爽快

リフレッシュシート

お肌に優しい大判タイプの汗拭きシートリフレッシュシート

冷蔵庫で冷たく冷やして使えば気分爽快。大判サイズなので、頭皮から首までふけます。アルコール、香料、メントール不使用で、パウダーフリーなので、安心して使えるのもうれしいポイントです。

リフレッシュシートのお求めは、スヴェンソンの各サロン、または公式通販サイト「プレスタ」から

ウィッグカタログのご請求・ご試着など
お気軽にご相談ください!

資料請求 来店予約

暑い夏を乗り切るウィッグがあります

今のウィッグを暑い間はお休みして、なるべく涼しい仕様のものにチェンジするのもひとつの方法。スヴェンソン、プレスタから夏におすすめの商品をご紹介します。

① 頭頂部がガーゼキャップになっている 「髪付き帽子Lunaヘアー」

髪付き帽子

頭頂部が綿100%のガーゼキャップになっていて、キャップに髪の毛が縫い付けてあるタイプ。汗や皮脂はガーゼキャップがしっかり吸収してくれます。やわらかく肌馴染みが良いので頭皮が敏感な時期でも安心。薄くて通気性も抜群。頭皮のムレも防ぎます。涼しい帽子をこの上に被って使います。

髪付き帽子+帽子でムレを防ぐ

「髪付き帽子Lunaヘアー」のお求めはスヴェンソンの公式通販サイト「プレスタ」から

② 前髪が取り外せる 「2 way髪付き帽子 サニー」

前髪が取り外せる 「2 way髪付き帽子 サニー」

頭頂部がネットになっていて、前髪が取り外せるタイプ。こちらもこの上に涼しい帽子を被ります。

前髪ありの場合

前髪あり

前髪なしの場合

前髪なし

「2 way髪付き帽子 サニー」のお求めはスヴェンソンの公式通販サイト「プレスタ」から

サニーとLunaヘアーどう違う?

トップが涼しい2つのタイプ。髪質、毛量、ネットなどに違いがあります。お好みに合わせてお選びください。

サニーとLunaヘアーの比較表


<おすすめ帽子>
◆汗やムレを吸い取ってさらりとした使い心地をキープ「テンセルソフトワッチ」

さらりとした使い心地をキープ「テンセルソフトワッチ」

「テンセルソフトワッチ」のお求めはスヴェンソンの公式通販サイト「プレスタ」から

◆つば広だから紫外線対策もばっちり「エニィデイハット」

紫外線対策もばっちり「エニィデイハット」

「エニィデイハット」のお求めはスヴェンソンの公式通販サイト「プレスタ」から

③ 頭皮に触れた感触が涼しい「ウィッグ クールエアロ」

ウィッグ内側のネット全体に「リフレスマイル」という特殊な素材を使用したフルウィッグ。
「ニオイの原因になる菌を抑制」「肌に触れたときに涼しく感じる」「汗を吸水し、すぐ乾く」といった特徴があり、暑さ対策も万全。

ウィッグ クールエアロの画像1
ウィッグ クールエアロの画像2

接触冷感の「リフレスマイル」

帽子や衣類にも使用されている接触冷感の「リフレスマイル」

クールエアロのお求めはスヴェンソンの公式通販サイト「プレスタ」から

④ ご自身の髪が戻り途中ならヘアピース

サイドの髪がある程度伸びてきたら*、フルウィッグよりかなり軽くて涼しいヘアピースはいかがでしょう?ヘアピースの大きさは頭頂部の戻り具合に合わせて選択可能です。伸びてきたご自身の髪とヘアピースをなじませることで、見た目もぐっと自然になります。地毛に白髪があって、気になるときは、マスカラタイプの白髪隠しなどが便利です。

*髪質や量によっては、ヘアピースの着用が難しい場合もあります。まずはお近くのスヴェンソンサロンまたはサポートセンターにご相談ください。

・各サロンではヘアピースとしっかりなじむように、地毛のカットもいたします。

ヘアピース利用 before

Before

ヘアピース利用 after

After

ヘアピースはスヴェンソンの各サロンでお求めいただけます。

ヘアピースの詳しい情報はこちら

ウィッグカタログのご請求・ご試着など
お気軽にご相談ください!

資料請求 来店予約

夏のこんな困ったには?

✓ 仕事で一日中着けているのが辛すぎる

→我慢せずに、時間を見つけてトイレなどで一度外しましょう。頭皮の皮脂と汗はリフレッシュシートでふきとって。ウィッグはネット側が表になるようにひっくり返して外気にしばらくさらしましょう。その際ウィッグ専用の消臭剤をネットにスプレーするとさらに効果的です。

ニオイケアスプレー フラウフレッシュヴェール

天然成分で頭皮にもやさしいニオイケアスプレー
フラウフレッシュヴェール

「フラウフレッシュヴェール」のお求めはスヴェンソンの公式通販サイト「プレスタ」から

✓ セミオーダーウィッグのロングを持ってるけど、涼しくする方法ある?

→セミオーダーウィッグのメリットは、スタイルチェンジができること。少しでも涼しくするために、毛量や長さをスヴェンソンのサロンで調整するのはいかがでしょう?暑いときにご自身の髪を短くするのと同じ感覚ですね。
また、ウィッグを徐々に短くしていくことで、ご自身の髪が回復して、ウィッグをはずしたときとの落差を少なくすることもできます。切らずに束ねたいときは、シュシュなどでなるべく下のほうをゆるくふわりとまとめるときれいです。バレッタやヘアクリップもいいですが、跡がついてしまったときは、霧吹きで軽く水をかけてみましょう。
サロンではいろんなアレンジ方法をご案内していますので、ぜひご相談ください。

✓ 暑い外からクーラーのよく効いた室内に入ると頭が冷える感じがする

→ウィッグの中に汗が残ったままクーラーの部屋に入ると、急激な温度変化により頭が冷えて不快になることがあります。室内に入る直前に、一度どこかで外して頭皮の汗をしっかりふきとり、ガーゼキャップを乾いたものに取り換えましょう。

✓ 家に帰ってからのウィッグケアは?

→ウィッグを裏返してフラウフレッシュヴェールのような専用の消臭剤を内側のネットに30 cmほど離して3~5プッシュ吹きかけます。(かけすぎ注意!)。その後はウィッグハンガーにかけて、お好みのスタイルになるように軽くブラッシングして自然乾燥させましょう。

✓ 家に帰ってからの頭皮ケアは?

→この季節はいつもよりさらに頭皮を清潔に保つことを心がけましょう。シャンプーするなら朝より夜。朝は毛穴が緩んでいるため、シャンプーが頭皮に残りやすいです。
シャンプーするときは、最初に頭皮の汚れをぬるま湯でしっかり落としてから、よく泡立てたシャンプー剤で指の腹を使ってやさしく洗います。泡で出てくるタイプのシャンプーも便利です。すすぎは、ぬるま湯で十分に。頭皮にシャンプー剤が残らないように丁寧に洗い流しましょう。

プフレ頭皮ケアシャンプー(泡タイプ)

皮脂をしっかり落としても洗い上がりはしっとり
プフレ頭皮ケアシャンプー(泡タイプ)

「プフレ頭皮ケアシャンプー(泡タイプ) 」をお求めの方はスヴェンソンの公式通販サイト「プレスタ」から



この夏を乗り切れば、涼しい季節が待っています。
夏場のウィッグは大変ですけど、あなたの大切な頭皮をこの季節の紫外線から守ってくれていることも覚えておいてくださいね。

来店予約、資料請求、その他お気軽にご相談くださいませ。
平日10:00~19:00 / 土日祝9:30~18:30 ※タップするとお電話がかかります。