医療用ウィッグの選び方の最重要ポイント!快適に使うためにチェックしておきたいアフターフォローのサービス

post thumbnail

治療中の外見ケアで精神的にも社会的にも満たされる医療用ウィッグ。

ウィッグ自体の機能性やデザインはもちろんですが、それ以上に重要になってくるのは、ウィッグを使い始めてからのアフターフォローサービスが充実しているかどうかです。

購入して終わりではなく、医療用ウィッグを必要としている間ずっとサポートが受けられることが、快適に使い続けるポイントになります。

選び方のポイント

抗がん剤治療の開始からご自身の髪が回復するまで、髪や頭皮の状態は変化します。

そのため、購入時はぴったりサイズで見た目も自然だったはずの医療用ウィッグが時間の経過とともに調整が必要になってくることも。

患者様の髪の状況変化についての知識が深く、購入後も柔軟に対応してくれるような、アフターフォローがしっかりとしているところを選ぶことで、約1年半~2年といわれるウィッグの使用期間を安心して過ごすことができます。

アフターフォローといってもその種類はさまざま。具体的にどんなサービスがあると助かるのかをチェックしておきましょう。

ご自身の髪のお手入れ

抗がん剤の副作用による髪の症状が始まる初期の頃や、治療が終わってご自身の髪が回復するまでの間も、もちろん髪や頭皮のお手入れが必要です。

ただ、髪の症状が出始めると今まで通っていた美容院には行きにくくなるとの声も。
そんな時に助かるのが治療中専用の美容室です。

購入したウィッグをつける際に邪魔にならないよう、そして、ご自身の髪が回復してからは回復してきた髪を活かすスタイルの提案など、医療用ウィッグとのバランスも含めて相談にのってもらえるため、ぜひ利用したいサービスです。

プライバシーが気になる方は、個室のスペースがある店舗を選ぶと良いでしょう。
美容師資格を持ったスタッフがいるところであれば、ウイッグだけでなく、ご自身の髪のカットも安心して任せることができます。

ウィッグのメンテナンス

長く使っていると、カールが落ちてきたりボリュームが少なくなってきたりと、ウィッグ自体も変化してきます。
そんな変化にも対応してくれるウィッグのメンテナンスサービスがあれば、購入したウィッグをさらに長く使うことができます。

スヴェンソンでは、プロの技術によるシャンプーやセットを行うことで、時間がたっても購入時のきれいな状態に戻すことができます。

ご自宅でのウィッグのお手入れ方法も丁寧に指導。

マンツーマンによる無料のシャンプー練習のサービスも受けることができるので、慣れないお手入れも安心です。
品質の良いものを提供し、正しいお手入れによって長く使ってもらうことで、コストパフォーマンスも充実したものとなります。
また、ちょっと気分を変えて違うヘアスタイルにしてみたいときや、冠婚葬祭などのフォーマルスタイルの際のアレンジにも対応。

ウィッグを使用していても、治療前と同じように気分転換やおしゃれを楽しむことができます。

育毛ケア

医療用ウィッグが必要な期間は約1年半〜2年程度であることが多いです。
その期間中、発毛が始まってから完全にご自身の髪が回復するまでは1年以上かかるといわれています。
新しく髪が生えてくる髪のためにも、育毛ケアは欠かせません。

治療のタイミングに合わせたご自身の髪の回復のための頭皮のお手入れ方法などを提案できるのも、医療用ウィッグ専門店の強みです。

育毛剤を使うタイミングなど、治療の内容と頭皮の状態との両方を考慮した上でアドバイスが受けられるのは専門家ならでは。
専用の美容室があるところでは、髪の回復に効果的な頭皮マッサージなども行ってくれるサービスもあります。

まとめ

  • ・地毛のお手入れ
  • ・ウィッグのメンテナンス
  • ・育毛ケア

この3つについてのサービスが充実しているところを選ぶことが、医療用ウィッグ購入の際のポイントです。購入時には、HPなどでアフターフォローについて確認しておくか、事前にどんなサービスがあるか問い合わせてみると良いでしょう。

アフターフォローのサービスに定評があるのが本文でも紹介した医療用ウィッグのスヴェンソンです。

全店舗個室の美容室完備のうえ、美容師資格を持ったスタッフによる地毛のお手入れやカットが可能。
ウィッグのメンテナンスやアレンジにも丁寧に対応してくれます。

また、頭皮や毛髪の専門家から研修を受けたスタッフによる育毛ケアのプランニングと頭皮マッサージなどのサービスも充実。
髪が完全に回復するまでさまざまなサービスを受けることができます。

相談は無料で行えるので、ぜひお気軽に問い合わせしてみてください。

お客さまからのご感想

  • イメージチェンジ

    40代 F.Aさま
    女性の目が多い職場ですが、"イメージチェンジ"したと言っており、 かつらだと分からないようです。 男性(年輩の)からカワイイと複数言われました。 がん宣告と抗がん剤に対する不安が募り、心細かった事が スタッフの方とお話ししてウィッグを身につけて 考えていたことよりずっと簡単なことだとわかりました。 病院ではこんなにお話しできないことを スヴェンソンスタッフの方とでき、嬉しく思っております。
  • 色も気に入り、スタイルも良く自然

    ウィッグをしていない頃は白髪もまじりパサパサで髪もまとまらなく、外出する時は気になっていました。 使い始めてからは、色も気に入り、スタイルも良く自然なので気持ちがウキウキして楽しくなります。

サロンについて

安心してご相談やウィッグを試着いただけるよう、プライバシーに配慮した個室空間を完備してお待ちしております。

よくあるご質問

治療のスケジュールが決まっていないので、ウィッグを見るだけでもいいですか?

ウィッグを見るだけでも(ご試着だけでも)もちろん大丈夫です。お気軽にご相談ください。

髪があるうちに試着してもサイズが変わるから、抜けてからお店に行ったほうが良いですか?

脱毛が始まる前に ご来店なさることをお勧めいたします。 なぜなら、今のヘアスタイルとウィッグのスタイルを比較しやすいのと、お気持ちに余裕を持ってお選びいただけるからです。 スヴェンソンのウィッグは髪の毛のボリュームの変化に合わせて、その都度、その場でサイズ調整が出来ますので、のちに頭まわりのサイズが小さく変化しても大丈夫です。また、ご地毛が生え始めると頭のまわりのサイズも大きくなりますが、大きくサイズを戻すことも出来ますのでご安心ください。(スヴェンソンのサービスのひとつです。)

ウィッグはいつ頃まで使うの?

抗がん剤治療終了後、個人差はございますが、約1~2ヵ月後から地毛が生え始める方が多く、1ヵ月約1cm位のペースで髪が伸びます。しかし、髪が成長する早さや伸び方のバランスは人それぞれです。生える部分にも差があり、均等に生え揃うわけではありません。ウィッグを使用する期間は、治療されている間だけではなく、実際は地毛でヘアスタイルが作れる長さに生え揃うまでの間必要ですので、個人差はありますが1年半~2年ほどウィッグをお使いになる方が多いです。